飽和脂肪酸は、肉や乳製品の脂部分に含まれており、エネルギー源となる

飽和脂肪酸は、ラードやバター類など肉類や乳製品の脂肪分に多く含まれており、エネルギー源として必要不可欠な脂肪酸です。不飽和のものは常温では液体の状態ですが、飽和脂肪酸は溶ける温度が高いために、常温では固体の状態で存在しているのです。

体内に取り入れられた後も固化しやすいために、血液をドロドロの状態にしてしまい、動脈硬化を起こす危険性があります。また生活習慣病を発症させる要因ともなる中性脂肪やコレステロールなどを増加させる作用もあります。

摂取不足になると、エネルギーが不足で元気が出なくなりますが、現代人の食生活では過剰に摂取してしまう傾向が強いため、控えめにするとよいでしょう。
エネルギーとして使用される場合、始めに利用されるのが飽和脂肪酸です。

また体内での貯蔵脂肪として蓄えられやすく、骨格部分を炭素がすべて飽和結合した状態になっているため、化学的に安定した性質を持っているのです。一方不飽和は、化学的に安定していないので過酸化物質を生成しやすく、貯蔵しにくい形状をしていると言えるでしょう。

多く含む食品として、生クリームなどの乳製品、鶏肉の皮、ベーコンなど脂身の多い肉の部位などが挙げられます。外食や惣菜ものにはこれらの食品が多く使われているので、食べ過ぎに注意が必要と言われています。

またカップラーメンなどのインスタント食品にも多量に含まれているので、バランスの取れた食事を心がければ過剰摂取を予防できるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ