不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを減らし、生活習慣病を予防できる

不飽和脂肪酸は、エネルギー源となったり、体を構成する成分になったりと、その働きは多岐にわたります。さらに血中コレステロールや中性脂肪の量を減らす働きもあり、体にとっては非常によいとされています。その他、アレルギー症状を緩和したり、神経の発達に関わったりすることも知られています。

2つのタイプに分けることができ、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸があり、魚類や植物油に多く含まれています。また常温の状態では液状になっています。多価タイプはさらにn-3系とn-6系に分別できます。

一価には、オリーブオイルなどに多く含まれるオレイン酸などがあります。動脈硬化や高脂血症などの生活習慣病の原因となる悪玉コレステロールだけを減らし、善玉コレステロールは減少させない性質があります。酸化しにくいのも特徴です。

多価には、青魚の脂身部分に多く含まれることで有名なイコサペンタエイ酸やドコサヘキサエン酸などがあり、n-3系に分類されます。またエゴマ油、なたね油などの植物性油脂に含まれるα‐リノレン酸も多価になり、こちらはn-6系です。

細胞膜などに積極的に働きかける生理活性物質で、中性脂肪を減少させ、善玉コレステロールの量を増やすことが可能です。不足すると細胞膜がもろくなり、皮膚が炎症を起こすことがあります。また集中力が低下したり、子供の発育が悪くなったりすることも考えられます。摂取する脂肪酸のバランスをよくすることで、健康的な体を維持することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ