必須アミノ酸は体内で合成することができない9種類で、体を正常に保つためには必要不可欠

必須アミノ酸とは、体内で合成が不可能な9種類のことを言います。全部で20種類存在しますが、残りの11種類を非必須アミノ酸と言います。必須アミノ酸は体内で生成できないため、食べ物から摂取する必要があるのです。

不足すると代謝が遅くなるなど、体が正常に機能しなくなり、健康を維持することができなくなる場合があるので、注意が必要です。
9種類にはバリン、ロイシン、イソロイシンなどがあります。バリンは肝臓では使われずにそのままエネルギー源として筋肉に取り込まれる栄養素です。

ロイシンもバリンと同様、積極的にエネルギー源となり、タンパク質の分解を抑制する働きがあるのです。イソロイシンは筋肉が消耗するのを防止し、エネルギー源となります。また、皮膚の再生をスピードアップしてくれる働きもあるのです。
リジンは筋肉を作るために必要です。

また骨の生成にも関与しており、これをサポートする役割があります。またウイルスなどの外敵から体を守ってくれ、ウイルスの働きを抑える役割も持っているのです。メチオニンは肝臓や腎臓などの主要臓器の働きを円滑にします。特に肝臓では、毒素や老廃物を取り除きます。

フェニルアラニンは食欲抑制効果があるので、ダイエットにおすすめです。また記憶力アップにもつながるので、積極的に摂取したい栄養素の1つです。トリプトファンは成長ホルモンの分泌を促進したり、神経伝達物質の原料になったりします。ヒスチジンは赤血球、白血球の形成に大切で、スレオニンは脂肪蓄積予防の働きをします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ