脂肪酸が酸化するのを防ぐ抗酸化作用が強いビタミンE

ビタミンEには、α、β、γなど8種類が存在する、脂に溶けやすい脂溶性のビタミンのことです。α‐トコフェロールと呼ばれるタイプが一番多く、体内のトコフェロールの90%ほどを占めると言われているのです。

細胞膜に多く存在し、脂質にも含まれており、ビタミンEが酸化することによって多可不飽和脂肪酸が酸化するのを防止する、抗酸化作用があるのです。多く含まれる食品には、植物性食品ではコーン、大豆などの植物油や白米があります。動物性食品の場合はさんまやアジなどの魚類や卵、豚肉、エビなどにも含まれているのです。

さらに空気中で酸化する際に、光や熱などによって促進されることが知られています。
摂取されたビタミンEは、小腸で吸収されます。胆汁酸などによって分解されたものは肝臓に運ばれます。

ここでα-トコフェロールはタンパク質と結合して、肝細胞内で代謝されるのです。不足すると、神経や筋肉で障害が起こることがありますが、脂溶性のため尿中から排出されにくく、不足することは少ないでしょう。逆に体内に蓄積しやすいために、過剰摂取になる可能性もごくわずかにあります。

1日の摂取量は、成人男性で7.0㎎、成人女性で6.5㎎と言われています。抗酸化作用の機能をもつ栄養素といえば、その他にもビタミンCやβ-カロテンなどもあるのです。Dやカロテンは細胞膜に存在し、Cは体液で働くので、それぞれ活性酸素を退治して体を保護しているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ