美容効果が高いビタミンCはコラーゲン生成には必要不可欠

ビタミンCはビタミン類の中でも最も有名であり、身近な存在でしょう。美肌効果が高く、美白や肌荒れにも効果があります。水に溶けやすい水溶性で、美容目的にサプリメントを摂取する人もいるそうです。ビタミンCはハリを保つために必要な細胞と細胞を結ぶコラーゲンを生成するのに不可欠です。

コラーゲンがなくなると、肌にハリや弾力がなくなり、老化したり、乾燥肌になったりします。コラーゲンを維持することによって、皮膚や粘膜が健康な状態をキープすることができるでしょう。また、病気になりにくくするために抵抗力、免疫力を高め、ストレスに対しても打ち勝つことができます。

鉄の吸収をアップする働きもあるので、貧血予防にもつながるでしょう。鉄分を摂取する時には、一緒に取りこむとよいでしょう。その他に抗酸化作用もあるので、アンチエイジング効果が高く、有害な活性酸素から皮膚や体全体を守ってくれるので、動脈硬化などの生活習慣病にかかるリスクを軽減してくれます。

果物、特にミカンやレモンなどの柑橘類やイチゴ、野菜、イモ類に多く含まれています。熱に弱いので、食品を加熱してしまうとせっかく摂取してもあまり効果がありません。生で食べることが望ましいです。また、洗いすぎると水と一緒に流れ落ちるため注意が必要です。

不足すると、細菌などに対しての抵抗力が弱まり、風邪をひきやすくなったり、体調を崩したりするリスクが高まります。またコラーゲンが生成されなくなることにより、細胞間に隙間ができて壊血病になる危険性もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ