補酵素になるビタミンB2は栄養素を代謝する際に必要である

ビタミンB2は水に溶けやすい水溶性で、体内に取り込まれて吸収されると、フラビンモノヌクレオチドと呼ばれる形に変換されます。タンパク質、炭水化物、脂肪といったエネルギーを産生する栄養素の代謝に関わり、酵素の働きをサポートする補酵素になるのです。

代謝を助けるだけはなく、成長を促進したり、皮膚や粘膜などを保護したりする働きもあります。水溶性のため多くは尿中から排出され、たくさん摂取しても過剰になることはありません。逆にすぐに体外へ出てしまうので、不足しがちな栄養素です。

不足すると成長が遅れたり、障害が出たり、頭皮からフケや脂がでる脂漏性皮膚炎になったり、粘膜のトラブルである口内炎になったりすることもあると言われているため、注意しなければなりません。

植物性食品の中でビタミンB2を多く含むのは、納豆、アーモンド、モロヘイヤなどがあります。動物性食品では、肝臓、心臓の部位や乳製品などにも多く含まれているそうです。よりよく吸収するためには、食事と一緒に摂取することが大切です。

1日の摂取量の目安は成人男性で1.6mg、成人女性で1.2mgと言われています。食品から摂取量を全て取り込むのは難しい場合もあるので、サプリメントなどを有効に使用するとよいでしょう。

食事と一緒に取り込むことで、小腸で徐々に吸収されていくのです。ビタミンB2は、腸内細菌によって体内でも合成可能です。妊娠中には不足しがちなので、毎日摂取することを心がけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ