多糖類・糖アルコールを総称する糖質のとりすぎは肥満や生活習慣病を招く

糖質とは、砂糖などの糖類、オリゴ糖の多糖類、キシリトールの糖アルコールを総称したものです。三大栄養素の一つである炭水化物は、糖質と食物繊維からできています。脳で使われるエネルギー源なので、生きていく上で必要不可欠な栄養素と言えるでしょう。

お菓子や果物などの甘みのある食べ物以外にも、麺類、ご飯、パンなどの主食もその1つです。さらにビールなどのアルコールにも含まれているのです。
体内に取り込まれると吸収されやすいブドウ糖に分解され、エネルギー源として利用されます。

この時エネルギーにならなかったものは、ホルモンの働きによって脂肪に変化して、体内にそのまま蓄積されるのです。たくさん摂取すると、メタボリック症候群になったり、内臓脂肪が増えたりと肥満につながり、生活習慣病の原因ともなります。

糖質を制限するダイエットが注目されており、糖類などをオフにした食品も多数出回っています。体にとって主要なエネルギー源であるので、極端に摂取量を減らしてしまうと意識障害を起こしてしまうこともあり、エネルギー不足になるでしょう。

必要最低限は摂取するように心がけるのが望ましいです。
体内で消化、吸収された後、血液を巡って体全体に行きわたります。1gで4kcalのエネルギーを作ることが可能です。

多く含まれる食品はうどんなどの麺類、くだもの、砂糖などです。1日の摂取目安量は、1日のカロリーの60%程度と言われているのです。過剰摂取は肥満になり、不足すると力が出ず疲れやすくなるので、適切量を摂取するようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ