食物繊維は腸内のぜん動運動を活発化させる

食物繊維は野菜や果物、海藻、キノコ類などの植物性食品に多く含まれます。繊維状の他にも、ハチの巣のような形状をしたものやへちま状のものも存在します。表面にたくさんの穴があることで、表面積が大きくなり、吸水度、吸着度が上がると言われています。

食物繊維には、水に溶けにくい不溶性タイプと水に溶けやすい水溶性タイプの2種類があります。不溶性は野菜などに多く含まれており、糸状でざらざらしているものが多いです。野菜以外にも穀物類や豆類、甲殻類の表皮にも存在します。水溶性タイプはさらさらした形状とねばねばしたものがあります。

ねばねばしたものは、昆布などのぬめぬめした食材に多く含まれています。その他、こんにゃく、くだもの、サトイモなどに豊富に含みます。不溶性タイプは、保水力がきわめて高いです。胃や小腸の中で水分を吸収して大きく膨らみます。

そこで腸を積極的に動かす蠕動運動を行うので、頑固な便秘にも効果があるでしょう。
また繊維状なので、しっかり噛む必要があり、顎がつよくなり、噛むことで満腹中枢を刺激するため、ダイエットにも効果的でしょう。

水溶性の食物繊維は、ねばねばしたものは消化、吸収が緩やかなため、いつまでも消化されずに胃や腸の中にとどまることができます。そのためお腹が空きにくく、暴飲暴食を未然に防ぐことができるでしょう。また糖質吸収の抑制ができるので、血糖値が急に跳ね上がるのを抑えてくれる働きもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ