カーボローディングとは、グリコーゲンを蓄えるための食事法

カーボローディングとは、エネルギー貯蔵物質であるグリコーゲンをより筋肉や肝臓に蓄えるようにするための食事の方法で、マラソンや多くのエネルギーを必要とするスポーツをする場合に取り入れられます。別名グリコーゲンローディングとも言われています。

以前の方法では、肝臓や筋肉に蓄えられていたグリコーゲンを全て使い切った状態から、炭水化物を多量に摂取する方法が一般的とされてきました。しかし現在では、マラソンレースなどの3日ほど前から糖質を豊富に含むご飯やパン、麺類などの炭水化物を中心とした食事に変える方法がメジャーとなっています。

試合当日の朝食は、餅やうどん、おにぎりなど糖質が豊富で消化のよいものをとり、グリコーゲンを効率よく蓄積させる働きがあるクエン酸を一緒に摂取するとより効果的とされています。クエン酸を含む食品としては、オレンジジュースなどの柑橘系の果物が挙げられます。

炭水化物の量は、通常の2倍の量にするとよいでしょう。普段がご飯1杯の人であれば、2杯です。トーストが1枚であれば2枚に増やしてみましょう。マラソンのレース途中にもカーボローディングを行うとよいでしょう。疲れを少し感じはじめたら、パワーが少なくなっている証拠です。

休憩中にバナナなど消化のよいものを食べて、グリコーゲンを蓄積させましょう。脂肪をグリコーゲンに変えるのにも、炭水化物があるとより代謝しやすいと言われていますので、炭水化物はできるだけ多めに摂取することが望ましいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ