エイコサペンタエン酸は必須脂肪酸で脳内血管の正常化に働く

エイコサペンタエン酸は青魚に多く含まれる脂肪酸で、必須脂肪酸に分類されます。EPAとも略します。体内では合成することができないので、食品から摂取する必要があり、医薬品としても使用されています。血栓予防に効果的で、血液をさらさらの状態にしてくれる働きがあります。

同じく青魚に多く含まれる必須脂肪酸であるドコサヘキサエン酸と相乗効果で、体内、特に脳の血管を正常に保つ働きがあります。エイコサペンタエン酸は、体内での血液の流れをよくしてくれます。血のめぐりが悪くなると、酸素や二酸化炭素、栄養分がきちんと全身に行きわたらなくなり、老廃物の排出なども滞ってしまい、体の調子が悪くなります。

血流が悪くなることで基礎代謝が低下し、脂肪が蓄積しやすい状態になってしまうので、肥満の原因にもなります。また血圧が高くなり、血管が詰まったり、切れたりして命の危険をもたらしてしまいます。

エイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸はいずれも必須脂肪酸で、構造も似ており、同じ青魚から摂取することができるのですが、違いはドコサヘキサエン酸は脳の構成部分であるということです。脳にとって必要な栄養分であるドコサヘキサエン酸は、脳の入り口の血管脳関門を通過することが可能です。

しかしEPAは、脳を通過することはできないのです。しかし、EPAとDHAは互いに助け合いながら、血液をさらさらの状態にしていきます。酸素に触れることで酸化しやすいため、抗酸化作用のあるビタミンEやビタミンCを一緒に摂取するとさらに効果的でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ