EPAは必須脂肪酸で青魚に多く含まれ、生活習慣病予防につながる

EPAとはエイコサペンタエン酸の略語です。人間の体に必要不可欠である必須脂肪酸の1つであり、体内での生成はできません。そのため食べ物から積極的に取りこまなければいけません。特に青魚などの魚類に多く含まれていることが知られています。また、多価不飽和脂肪酸とも言われています。

効果は、脂肪や中性脂肪を減らす、生理痛を和らげる、悪玉コレステロールを減らすなどがあります。また血圧を下げる、糖尿病、がんの発症リスクを下げるなど生活習慣病予防にも効果的でしょう。さらに現代人にはアレルギー体質の人が多いとされていますが、この栄養素はアレルギー体質の改善にも有効的です。

つまり健康に気を使う人は積極的に摂取すべき栄養素であり、赤ちゃんからお年寄りまですべての人が必要としているのです。さらに、脂肪細胞の形成を抑制したり、脂肪を燃焼したりする作用があるので、特にダイエットをしている人はたくさん取り入れるようにするとよいでしょう。

また内臓脂肪を落とす効果もあることから、隠れ肥満の改善にも期待でき、生活習慣病の予防につながるでしょう。摂取方法は、1日3食お魚を摂取するだけです。特にサバ、さんま、あじ、イワシなどの青魚にEPAは多く含まれていますので、青魚を食事メニューに組み込みましょう。

昔の日本人は毎日魚を摂取することが当たり前でしたが、最近では食生活が欧米化してきており、肉類を好む人が増えてきています。毎食魚を摂取することが難しい場合は、手軽に摂れるサプリメントを頼るのもよいでしょう。EPAパワーでダイエットを成功させましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ