リンパは老廃物を排出し、細菌などを血液に流さないようにサポートしている

リンパ管は体中を巡っています。管の通り道には節があってフィルターの役目を果たしており、いらないものを除去します。全身に800個以上あり、特に耳の下、わきの下、股関節、鼠蹊部に多く分布しています。免疫機能をもっており、細菌などが体内に侵入してこないようにします。

また老廃物をろ過する働きがあり、細菌以外にもアンモニアや尿酸、乳酸など体内でいらなくなった老廃物を体外へ排出します。全身を循環している血液から染み出してきた栄養素を、もう一度血液に戻す働きもあります。また老廃物や細菌などの異物が血管に入り、脳や臓器に届かないようにする役割もあります。

つまり血液をサポートしている役割があるのです。しかし循環する血液と違い、リンパ液は一方通行です。ポンプ機能は血液に比べるととても貧弱で、流れは非常に遅いです。同じ姿勢を続けているとむくんでしまうので、流れが悪くなっているのです。筋肉の伸縮や圧力で流れを強くしています。

リンパの流れをよくすることで、ダイエットにもつながります。流れが悪くなると体内に老廃物が溜まった状態になり、基礎代謝が低下してしまいます。代謝が悪くなると脂肪が燃焼しにくくなるので、老廃物を積極的に排出し、デトックスを行うことで痩せる体質へと導くのです。

流れが悪い場合には、マッサージが効果的でしょう。左右の鎖骨に向かってマッサージを行うとよいです。皮膚のすぐ下にあるので、軽く力を入れるだけでも十分効果が期待できます。小さな円を描くようにやさしくもみこみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ