リバウンドとは、ダイエットに成功した後以前の体重に戻ってしまう現象

リバウンドとは、ダイエットに成功して体重が減少したものの、やめた途端に体重がダイエット前と同じかそれ以上に増えてしまう現象のことを言います。ダイエットを経験したことのある人の約60%は、リバウンドを経験したことがあると言われています。痩せたり、太ったりを繰り返すと、太りやすい体質になるので注意が必要でしょう。

リバウンドが起こる原因は2つです。まずはホメオスタシスと停滞期が関与しています。ダイエットを行うと、順調に体重が落ちていたのに、ある一定の時期にくると体重が減らなくなるのです。これを停滞期と言います。長い場合は1ヶ月程度停滞期が続くことがあるそうです。

停滞期は、少ないエネルギーでも生きていこうとする体内のホメオスタシスが働くために起こります。食事量を減らしていた場合、少ないカロリーで生きていくために、余分なカロリーを使わずに、なるべく体内に溜め込もうと働いてしまうので、痩せなくなってしまうのです。

停滞期の時期にダイエットを終了してしまい、食事量を元にもどしてしまうと、ホメオスタシスはそのまま継続しているため、エネルギー消費が少なく、脂肪を溜め込もうとするので急激に肥満になる場合もあるそうです。

2つめにレプチンという物質が関与しており、レプチンは満腹中枢を刺激する物質で、脂肪が吸収されると分泌されます。ダイエット中はレプチンの分泌量が減少しているのですが、ダイエットをやめても適正な分泌量が出るまでに1ヶ月かかるため、満腹中枢が刺激されず食べ過ぎてしまい、太る原因になるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ