有酸素運動は酸素を使って脂肪をエネルギーに変える運動

有酸素運動とは、糖質や脂質をエネルギーとして消費する運動のことで、繰り返し行うような比較的軽い動きのものが多いでしょう。例としては、ジョギング、ウォーキング、水泳、エアロビクスなどが挙げられます。酸素を消費しながら行うので有酸素と言われ、呼吸を確保しながら行います。

有酸素運動はダイエットに効果的で、食事制限と合わせて行う場合が多いです。血液の中には脂肪が流れているので、その脂肪が体に蓄積される前に使うことで肥満を防ぐことができます。血液中の脂肪と酸素を結合させてエネルギー消費を行えば、体内に溜まる脂肪の量を減らすことができます。

脂肪を分解して燃焼させるためには、十分な酸素量が必要となります。運動開始してから20分してから脂肪は燃え始めると言われているので、最低でも30分は行いたいです。無理なく続けられるように自分のペースで始めることが大切です。

最も効率的に行えるのは朝と言われています。特に起床後で食事前がベストです。体が空腹の状態だと、脂肪を燃焼するスピードが速いです。さらに運動後の6時間程度は燃焼しやすい状態をキープすることができるので、朝一番に行うと基礎代謝も高まり、普段の生活の中でも痩せやすい体質にしてくれるでしょう。

ジョギングなどを行うときには、しっかりと水分補給をすることを忘れないようにしましょう。水分がない状態では、燃焼速度も落ちてしまいます。息が切れない程度の軽い動きなので、スポーツが苦手な人でも始めやすいですし、健康維持のためにもおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ