むくみは皮下に水分が余分に溜まる状態で、ダイエットの大敵である

皮下に水分が過剰に溜まっている状態のことを、むくみと言います。水分や老廃物を排出する機能が低下していたり、リンパの流れが滞っていたりすると、老廃物を含んだリンパ液や水分はうまく体外へ排出できず、そのまま体内に溜まってしまいます。

この状態が長期間続くと慢性化し、老廃物や水分は体内に蓄えられていた脂肪とくっつき、脂肪の塊であるセルライトに変化してしまいます。セルライトは一度できてしまうとなかなか取れない厄介な脂肪ですので、注意が必要です。

女性は体質的にむくみやすいと言われており、デスクワークや立ち仕事をしたり、ホルモンバランスが崩れたりすると、すぐに起こると言われています。

むくみの原因は、冷え症、基礎代謝の低下、ストレス、筋力の低下、アルコール、睡眠不足、締め付けの強い服や靴を着ることなど、様々です。解消するためには、ポンプ機能を正常化させることが大切です。ポンプ機能が改善されれば、血行やリンパの流れがよくなり、老廃物がスムーズに排出されるようになります。

ポンプ機能を高めるには、筋肉を付けることがポイントです。適度な運動やマッサージを行うことで改善されるでしょう。
特にリンパ節を中心としたリンパマッサージは、自宅でも簡単に行えるので効果的です。

さらに食事面では、代謝機能をアップさせる働きがあるミネラル類やビタミンBを摂取するとよいでしょう。カリウムは、筋肉や神経の働きを浴する効果があり、老廃物の排出も手助けしてくれます。これらの成分は緑黄色野菜や、ジャガイモ、アボガド、大豆、バナナなどに多く含まれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ