ダイエットの停滞期はホメオスタシスが原因で起こる

ダイエットの停滞期とは、それまで順調に体重が落ちていたのに、ある時急に体重が減らなく時期があります。その時期のことを言います。

この時期にもう痩せないからと言って、ダイエットを中断して以前と同じ食生活や生活リズムに戻してしまうと、減っていた体重がもとに戻ってしまうケースや、それ以上に増えてしまうリバウンドを起こしやすくなると言われています。

停滞期が起こるメカニズムは、ホメオスタシスが原因であると言われています。ホメオスタシスとは恒常性という意味で、体内の環境を一定に整える働きがあります。体温が外界の気温に関係なく一定に保たれているのは、ホメオスタシスが働いているためなのです。

ダイエットを行って体重が減ってくると、ホメオスタシスが働き、体重を減らさないように働きます。特に摂取カロリーを減らしている場合、体が勝手に危機的な状況だと感じてしまうのです。少しのエネルギーでも体を保てるように、エネルギーを消費しにくくし、体内に溜め込もうと働きます。

するとエネルギー消費率が悪くなり、体重が思うように減らなくなってしまうのです。
ホメオスタシスは1ヶ月で体重が5%以上減少した場合によく起こると言われています。また、停滞期はダイエット開始から約1ヶ月程度で起こるのが平均的です。

この時期をうまく乗り切るためには、焦ってはいけません。ダイエットを行えば必ずあるものと意識づけておくことが重要です。体重が落ちなくても気にせず、今までと同じようにダイエットを行っていけばよいのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ