中性脂肪とは食事でとりこむ脂肪の事である

中性脂肪とは、食事で取り入れる脂肪の大部分を言います。植物油の90%、動物脂肪組織の95%以上を占めており、トリグリセリドとも呼ばれます。食事から脂肪や炭水化物などを摂取すると、血清中のトリグリセリド値は増加します。またトリグリセリドは肝臓でも合成されます。

この値が高くなると、高脂血症や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病になる危険性が高く、肥満傾向になります。高い値になると悪者のイメージが強くなるのですが、人間が生きていく上では必要不可欠な成分でもあり、エネルギーとして消費されます。

体内で使われなかった残ったトリグリセリドは、エネルギーではなく体脂肪として体内に蓄積されてしまいますので、適量を摂取することが望ましいでしょう。
血液中に中性脂肪が増えてしまうと、血液がドロドロの状態になってしまい、血行が悪くなります。

血液がスムーズに流れなくなると、血管がつまりやすくなって動脈硬化を起こしたり、糖尿病を発症したりするでしょう。血液中の中性脂肪の値が高くなる要因は、遺伝も考えられますが、やはり食事が大きいです。炭水化物やアルコールを大量に摂取すると値は上昇し、脂っこいものばかり食べるのもよくありません。

トリグリセリドを上げてしまう食品として、砂糖やアルコール、果物、脂質などがあります。これらの食品は取りすぎないようにセーブしましょう。逆にトリグリセリドを減らす食品としては、魚介類、リンゴ、海藻類などがあります。体内で酸化しにくく、悪玉コレステロールを減らしてくれる作用があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ