体幹とは体を支えて動かす筋肉や骨のことで表層筋と深層筋からなる

体幹とは、体の中心となる部分で、頭部と左右の手足を除いた胴体部分のことを言います。お腹周りだけでなく、腰、背中なども含みます。骨と筋肉からなり、主に構成する骨は骨盤、背骨、肋骨、肩甲骨です。骨のまわりには筋肉がついており、深層筋と表層筋があります。

深層筋は体を内部で支えて安定させる役割があり、腹横筋がそれに当たります。表層筋は体を動かす働きをしていて、腹直筋などが当てはまります。
体幹の役割は全部で3つです。まずは姿勢を維持する働きです。直立二足歩行をするためには、しっかりと体を支えなければいけません。

まっすぐに姿勢を維持するためには、体を支える土台の深層筋が必要不可欠なのです。2つ目は手足を動かす動力となっています。歩いたり、走ったりする動作は、表層筋が前後左右に曲がったり、ひねったりすることによって生み出されます。3つ目は軸となるはたらきです。

ボールを使って投げたり、蹴ったりするためには、軸がなければいけません。深層筋がひねりや安定感を作っているのです。
体幹トレーニングをすると、ダイエットに効果的であると言われています。支える筋肉と動かす筋肉を、両方とも鍛えるようにしましょう。

体を支えている最も大切な部分ですので、鍛えることで姿勢をよくしたり、ぎっくり腰になるのを防いだり、健康的に生活するためにもトレーニングはおすすめです。それぞれの筋肉にあったトレーニングをして、どこを鍛えているかを意識しながら進めると、より効果的でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ