三大栄養素とは炭水化物、タンパク質、脂質の生命活動に必要不可欠な成分である

三大栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂質の3つのことを指します。これらの栄養素は人間が生きていく上で絶対な必要な栄養素と言われています。炭水化物を食べると、体内では消化吸収され、糖に変わります。糖は体や脳を活発に動かすために必要です。血液中に糖がなくなると、イライラしたり、集中力がなくなったりします。

ストレスをなくす、リラックスした状態を保つためにも必要でしょう。食物繊維もその1つで、便秘解消や満腹感を与えるなどダイエット効果が高いと言われています。多く含まれる食品には、ご飯、パン、麺類などがあります。

タンパク質は体を作るのに必要であり、体内でアミノ酸に分解されます。アミノ酸は筋肉、爪、髪の毛など体内のあらゆる部位を作るために必要な主成分でもあります。またホルモンや酵素などもタンパク質から作られているのです。多く含まれる食品には、魚や肉類、卵、乳製品、大豆、納豆などの豆製品などがあります。

脂質は、ビタミンを全身に運んだり、脳の機能を正常にしたりする働きがあります。また臓器や骨、筋肉などを守る役割もあり、体温を一定に保つためにも必要です。脂質には、体によいものと悪いものがあります。

食べ過ぎると、肥満の原因になり、少なすぎると免疫力が低下してしまうので注意が必要です。脂質の多い食品としては、脂が多い肉や魚、バターなどの油類です。三大栄養素をバランスよく摂取することが健康的に保つ秘訣であり、ダイエットにも効果的でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ