コレステロールは生きていく上で必要な脂質である

コレステロールは人間が生きていく上で必要不可欠な脂質の一種で、主に血液、脳、内臓、筋肉など全身にあります。体内で生成することでき、必要な三分の二は体内で自ら生成し、残りの三分の一は食物など体外から摂取しています。役割は、胆汁酸の生成、細胞膜や副腎皮質ホルモンの原料となる、ビタミンDの合成などがあります。

コレステロールには、善玉と悪玉と呼ばれる二種が存在します。善玉はHDLと呼ばれ、余分なコレステロールを肝臓で回収します。また悪玉は血管を使い、全身に運ぶ役割があります。そのままの状態では血液の中で溶けないので、リポタンパクという物質で包まれています。

そのリポタンパクの種類の違いによって、善玉と悪玉に分けられるのです。
体にとって必要不可欠な脂質ですが、増えすぎると健康によくなく、肥満の原因となります。脂質が血管壁にくっつくと血管は狭くて細くなり、切れやすい状態になってしまいます。

このような状態を動脈硬化と言います。動脈硬化が進行すると、心筋梗塞、脳出血、脳こうそくなど大きな生活習慣病を発症する可能性があるので、気を付ける必要があります。逆に低下しすぎると、体内の免疫力が低下することが分かっており、がんなどを発症しやすくなるのです。

適切な値をキープするためには、バランスの取れた食生活を心がけることが大切です。脂っこいものばかり食べていると、値はどんどん上がっていきます。食物繊維をたくさんとり、ビタミンC・Eなど抗酸化作用のある成分を多く含む野菜や果物を積極的に摂取しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ