活性酸素は細胞を酸化して、肥満、病気、老化を起こさせる原因となる

活性酸素は老化や病気を引き起こし、肥満の原因ともなりうる成分です。酸素は体内に入ると活性酸素と呼ばれる物質に変化し、体を酸化させる、つまりさびた状態にさせてしまいます。

本来であれば、細菌やウイルスなどの体にとっての敵から身を守るために白血球が自ら作る物質ですが、1つの細胞がさびていくと、まわりの細胞も次々と酸化を起こしてしまいます。

細胞の酸化が進むと、内臓機能や皮膚、髪の毛、骨などのあらゆる部分、組織にダメージが加わります。肌はボロボロになったり、くすみやしみ、しわが生まれたり、老化が始まります。またガンなどの生活習慣病を発症するリスクも高まるのです。生活習慣病の原因のうち90%以上は、細胞が酸化することだと考えられているほどです。

活性酸素は、通常の生活をしているだけでも発生することが分かっています。特に大量に発生するのは、ストレスを受けたとき、激しい運動をしたとき、喫煙、太りすぎ、細菌に感染したときなどが考えられます。そこで抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂取することで、体内の酸化を防止し、肥満予防、健康維持、アンチエイジング対策につながるのです。

抗酸化作用が高い成分として、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、ポリフェノールなどが挙げられます。レモンやイチゴなどに含まれる成分は、さびやすい細胞を守る役割があります。積極的にこれらの成分を摂取することで、いつまでも若々しい肌を手に入れることができ、基礎代謝を向上させて痩せる体質へと導きます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ