褐色脂肪はミトコンドリアを持つ脂肪をエネルギーに変えて熱産生できる細胞

褐色脂肪細胞は、ダイエットに効果的な働きを持つ細胞です。脂肪細胞の一種ですが、体内の余分なカロリーや脂肪を消費してエネルギーに変えてくれるのです。またエネルギーを放出することにより、体温が上昇します。きちんと効果的に働いていると、脂肪が燃焼されやすい状態が続き、痩せる体質を維持することができます。

脂肪が燃焼されると、血液やリンパの流れもよくなり、むくみが改善され、基礎代謝のアップにつながります。
褐色脂肪の細胞は子供の頃が最も多く、成人になると減ってきてしまいます。その数は幼少期に比べると約半数に減少してしまうほどです。

残された細胞で最大限に脂肪を燃焼して、痩せる体質をキープすることが美しいボディーを作るためには必要です。エアコンが効いた部屋にずっといると、外界の気温の温度差がなくなり、働きが悪くなると言われています。適度に温度の刺激を与えることで、脂肪を燃やしやすい状態を作ることができます。

またミトコンドリアと呼ばれる細胞小器官が多数存在しています。ミトコンドリアはエネルギーを生産する場所で脂肪を燃焼して、エネルギーに変えてくれているのです。褐色脂肪は首や肩甲骨付近に密集しています。

そこで熱を作り、血液を全身に送って体温を上昇させているのです。冷たいと感じると、人は熱を発生させようとする働きがあります。冷点を多く持つ手や唇を冷たくすると細胞の働きが活性化され、脂肪を燃焼して熱を放出していきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ