インスリンは膵臓から分泌される血糖値を下げるのに必要なただ一つのホルモン

インスリンは膵臓のランゲルハンス島、またはすい島から分泌されるホルモンのことを言います。血液中の血糖値を調節する働きがあり、血糖値が上がった状態になると下げる役割があります。

このような働きをするホルモンはインスリンしかないので、膵臓に異常が起こり、ホルモンが分泌されなくなると、血糖値が上昇したままになって糖尿病を起こしてしまう危険性が高まるでしょう。

不足してしまう原因としては、分泌自体が減少してしまう分泌障害と、肝臓、脂肪、筋肉での働きが鈍くなってしまう抵抗性の状態があります。抵抗性は、血圧を上昇させたり、高脂血症になったり、動脈硬化を起こしたりする危険性もあり、生活習慣病に関連してくるのです。

分泌を促す作用のある栄養素といえば、タウリンと亜鉛があり、正常に働くようにしてくれるので糖尿病予防にも効果が確認されています。
血糖値が急激に上がらなければ、脂肪は体内で蓄積されにくく、太りにくい体質を維持することができます。

血糖値が上昇すると体内でインスリンが過剰に分泌され、脂肪が体内に溜まってしまう原因を作ってしまいます。ゆっくりと血糖値を上げれば、糖は血液や筋肉、肝臓など全身にわたってエネルギーとして消費されるので、ムダなぜい肉になる心配もなく、ダイエットに効果があるでしょう。

ゆっくりと血糖値を上げる食べ物には、胚芽米や玄米などがあります。白米を玄米に変えるだけでも効果に差が出ますので、実践してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ