アンチエイジングは新陳代謝を上げて体の老化を防止すること

アンチエイジングとは、肌など体の老化を防止したり、老化スピードを遅らせたりすることです。老化現象の一つとして、新陳代謝の低下があります。新陳代謝とは、今までの古い細胞から新しい細胞へと交換して入れ替わることです。

入れ替わるサイクルが早くなれば、肌はいつまでも若々しく潤いを保つことができ、サイクルが遅くなると、しみやしわ、乾燥などのトラブルが頻発するでしょう。若いうちは新陳代謝が活発なので、赤ちゃんや小さい幼児はケガをしてもすぐに元通りになります。しかし大人になるにつれ、ケガの痕はなかなか消えません。

これは新陳代謝が低下しているためなのです。
新陳代謝のサイクルが遅くなると、古い細胞がいつまでも体内に残った状態になります。古い細胞には脂肪を燃焼させるエネルギーがほとんど残っていないため、脂肪燃焼効率が悪くなり、脂肪をため込み、太りやすくなってしまうのです。

アンチエイジングは新陳代謝を上げることにつながるので、ダイエット効果も期待できます。アンチエイジング対策は新陳代謝を上げるだけではなく、老化の原因を取り除く方法もあります。老化は酸化、糖化、ホルモン不足によってもたらされているので、活性酸素を取り除き、抗酸化作用のあるものを積極的に体内に取り込みます。

また糖の吸収を控えて有酸素運動をしたりすることで、エネルギー消費速度を上げ、脂肪燃焼効果のある成長ホルモン分泌を促進するために、質のよい睡眠を心がける方法もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ