野菜ファインパウダーは料理だけでなくダイエット用のアイテムとしても利用できる

厚生労働省が推奨する食育では1日に必要な野菜の量は350gです。しかし、全てを生野菜から摂取するのはとても大変です。しかし野菜ファインパウダーを利用すれば、簡単に必要な分量を得られ、含まれている栄養素を全て摂取できます。

製品の特長のひとつは全て国内産の原料を使用していることで、主に九州、山口、北海道で栽培されたものを使用しています。もうひとつは粉砕方法で、気流を使用した方法によって20ミクロン以下まで微粉砕をしているので、舌の上でも溶けやすいということと、必要以上の熱を加えていないので栄養成分やうまみが丸々残っているということです。

ほうれん草、人参、カボチャ、むらさき芋、ごぼう、小松菜、トウモロコシ、レンコン、ゆず、しょうが、発芽玄米、黒米、レモン、ブロッコリー、明日葉、ヨモギ、サツマイモの15種類がありますが、溶けやすいのでどのような料理にでも利用が可能です。

例えば、お菓子やうどんの生地、手作り餃子の皮に混ぜ込んだり、そのまま水や牛乳で伸ばしたりすればペースト状になるのでサラダなどに使用できます。野菜の食物繊維、ビタミン、ミネラルなどを効率よく摂取できますので健康と美容の維持に効果的です。

また、ダイエットをしている人は、明日葉、小松菜、レモン、ブロッコリーなど複数のパウダーをブレンドすることで栄養豊富な青汁を作ることができます。オリゴ糖やヨーグルトを混ぜればさらに腸の環境改善に効果的なドリンクを作ることができ、ウエイトコントロールがしやすくなるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ