ベネキシアはアルゼンチンの農場で栽培された高品質のチアシード

青い小さな花を咲かすチアの種子は、南米ではポピュラーな食材としてお菓子や料理などに多用されており、また、食物繊維、ミネラル成分、α-リノレン酸を豊富に含んでいることから健康食品にも配合されています。

そして、チアのなかでもアルゼンチン政府の支援を受けて設立した会社によって、徹底した管理の下で栽培されたものはベネキシアチアとして区別されています。他で栽培した製品との違いとしては、複数の世界的な品質管理規格の認証に合格しているので、確かな品質を確保しているという点です。

成分の中のα-リノレン酸は必須脂肪酸であるオメガ3のひとつで、他の2つは青魚に多く含まれているEPAとDHAですが、これらは体内では生成されることがないので食品やサプリメントなどの健康補助食品から摂取しなければなりません。

特に、高コレステロール、高血圧、脂肪肝、メタボなどの生活習慣病の予防に効果があることから、最も質の高いベネキシアチアが好まれています。そして、水を含むと約10倍に膨らんで周りがゼリー状になるという特徴があり、種子の状態のまま飲み物やヨーグルトなどに混ぜて食べると過食を防いでウエイトコントロールに役立てることが可能です。

さらに、食物繊維が腸の中の老廃物の排泄を促してお腹をすっきりとさせる効果も持っています。便秘の解消ができれば新陳代謝が良くなり太りにくい体質になりますので、ダイエットサポートアイテムとしても人気があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ