DNJは糖の吸収を抑制する成分で桑の葉に含まれている

桑の葉には、ダイエットに効果的なDNJ(デオキシノジリマイシン)が含まれています。この成分は糖質の吸収を抑制するという効果があることから、甘いものや主食を我慢することができない人が利用するとダイエットに効果的です。

炭水化物は小腸で体内に吸収されて肝臓に蓄積される仕組みになっていますが、肝臓に蓄積された成分が血液内に流れます。摂取量が多ければ蓄積される量も増えるので、血糖値が上がる原因となり、吸収される量が少なければ血糖値も上がりにくくなるため、糖尿病の人や予備軍の人は桑の葉茶を飲むと健康効果によいのです。

また、小腸で吸収されずに大腸に送られた炭水化物は、腸内の細菌の働きによって炭酸ガスと水に分解されます。炭酸ガスは腸の運動を促進させますので、腸内にたまった老廃物が排泄されやすくなり、その結果として体重を減らすことが可能でしょう。

ダイエットを成功させるには簡単に言えば食事を減らせばいいのですが、ただ食べないという方法では、排泄が滞ったり、栄養失調になったりする可能性があります。DNJの働きによって不要なものを吸収しないという方法は、健康的に効果を得やすいと言えるのです。

健康食品は即効性があるものではなく、継続することで体調や体質を整える効果を感じられるようになるので、1度の利用で効果を得ることはほとんどありません。桑の葉を利用した製品にはお茶、タブレットタイプ、青汁タイプなどがありますので、日々の生活で無理をせずに続けられる自分に合った製品を選ぶのがポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ