素材活力は沖縄産の素材を原料とするソフトドリンク

素材活力とは、沖縄産の素材を原料とするソフトドリンクのブランド名で沖縄物産企業連合の販売部門が独立した会社が販売をしています。シリーズとして数種類があり、人気となっているのはゴーヤ、たんかん、さんぴん、シークワーサーを原材料にしたソフトドリンクです。

沖縄独特の気候の中で育った天然素材を使用しているので、沖縄の物産品として公式サイトなどから購入できます。
最も沖縄らしいドリンクはゴーヤ茶で、本土でも夏の野菜として浸透してきています。

特徴となっている苦み成分はモモルデシンで、サポニンと20種類のアミノ酸が含まれていて、肝臓の機能をアップする働きがあるほか、食欲の増進、血圧や血糖値の安定、鎮静作用などがあり、これによって生活習慣病のうち血管系の疾病のリスクを回避することができるのです。

また、ビタミンCも含まれているので、夏バテ予防やダイエットに効果的でしょう。ほのかな苦みがあるのですが、後味はすっきりとしています。そして、さんぴん茶はジャスミン茶として知られているソフトドリンクで、中国茶一種ですが沖縄では古くからさんぴんと呼ばれて愛飲されています。お茶として飲んだり、焼酎で割ったりして利用します。

たんかんはかんきつ類の一種で、ポンカンとネーブルの自然交配によって誕生した種類で、酸味のある果汁が多いのが特徴で、果物として食べてもさっぱりとして人気です。もうひとつのシークワーサーは酸味のさわやかな果実で、短観同様に果汁を加えたソフトドリンクとして販売されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ