除染食品普及協会は健康的な食生活の普及を指針として商品を紹介している

除染食品普及協会は機能性食品普及協会と名称が変更されていますが、予防医学と医食同源に基づいた生活習慣病対策に効果的な製品の製造を行うとともに、食育活動による健康的な食生活の普及が活動指針です。

そして、日常の食生活からでは補いきれない栄養素については、安全に補うことができるように厳選した商品を紹介しています。
推奨商品のひとつであるナノ型乳酸菌nECは、白寿BIO医研株式会社が製造している商品で、ナノ型乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖が配合されています。

配合されている乳酸菌の特徴はエンテロコッカス・フェカリス菌をナノ化技術によって小さな分子に加工したもので、少量の摂取でも多くの菌を腸に吸収しやすいでしょう。
殺菌加工されているので生きたまま届くタイプではありませんが、腸の中での働き方に違いはありません。

また、小腸では外部から侵入した病原菌などの異物に反応しそれらの働きを抑制し、大腸では腸内環境のバランスを整えて老廃物の排泄を促すために働きます。これらの作用によって生活習慣病のリスクの軽減や、ダイエットの効果を得ることができるのです。

インフルバリアのど飴も推奨していますが、一般にドラッグストアなどで普及しているのど飴とは異なり、インフルエンザの感染を抑制する効果と、ビタミンCを配合して免疫力を高める効果を併せ持っています。

配合成分のコロカリアとはアナツバメの巣に含まれている成分から生成した新素材で、健康維持に必要な6種類の糖鎖が含まれていますが、正常に働いていると自然治癒力が働いて病気に負けないからだを作ることができるという成分です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ