太田胃散の健康食品はバイオゴッドと桑の葉のシリーズ

生薬の良さを生かした、会社名と同じ胃腸薬の製造・販売を明治12年から長きにわたって行っているのが太田胃散株式会社で、配合成分にはケイヒ、チョウジ、チンピ、ウイキョウ、ニクズクを始めとする健康に良い漢方薬が配合されています。

胃腸薬が事業の中心でしたが、健康食品の製造も開始され、健康づくりとダイエットの2つの目的に合った製品が作られているのです。
ダイエット用には桑の葉を主原料とした製品が作られているのですが、タブレット、お茶、ドリンクタイプがあるので、利用しやすいタイプを選ぶことできます。

桑の葉には糖質の吸収を制限する働きがあるので、甘いものや炭水化物を制限できない人に適した成分で、フラボノイド、亜鉛、カリウム、食物繊維などが含まれているおり、むくみを改善する効果も期待できるでしょう。タブレットは携帯しやすく、お茶タイプは普段使いに手軽に利用することができます。

青汁タイプは桑の葉、抹茶、MBPで成分が構成されていて年齢に関係なく飲むことができる健康ドリンクです。MBPは雪印メグミルク株式会社が発見したタンパク質で、骨の健康に効果的な働きをします。
もうひとつはバイオゴッドシリーズで、たもぎ茸のみで作られています。

有効成分であるβ-D-グルカンには高い抗酸化作用があるので、体のサビを改善して生き生きとした細胞つくりに貢献することが可能です。生活習慣病の予防としても利用することができるでしょう。さらに、必須アミノ酸、カリウム、マグネシウムなども配合し、体への吸収を考えて液体にしてあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ