いそしおは長崎県の五島灘の海水が原料となっている

いそしおは長崎県の五島灘の海水を原料として生成されていて、まろやかで深い味わいが特徴で、魚の塩焼きからおにぎり、煮物まで、幅広いジャンルの料理をおいしくすることが可能です。

通常のタイプの他にクエン酸鉄アンモニウムを加えた鉄入りのタイプがあり、こちらは素材の色合いを鮮やかにする効果があるので、野菜をゆでたり煮物などに利用すると彩りよく仕上がります。また、食品には通常は賞味期限や消費期限が明記されていますが、JAS法の加工食品品質基準によって塩や砂糖は明記しなくても問題はありません。

これは長期間にわたって品質の変化が極めて少ない食品として認定されていることによりますが、いそしおも長期間高い品質を維持できる食品であることから、賞味期限の表記の省略が認められています。この質の安定性は日本人の食卓には欠かせないものとなっていて、保存食文化の発達にもつながっていると考えられるでしょう。

日本人の食事は塩分過多であるという人がいます。塩、しょうゆ、みそなどの調味料の他に、干物や漬物など塩を活用した保存食文化が発達していることに起因する説ですが、天然の塩にはミネラル分が豊富に含まれているため、必要以上に減らすのはよくないとも言われています。

汗を大量に描いた場合には質の良い食塩を少し入れた水を飲むだけで体力を回復することができるように、使い方次第で健康にも不健康にもなるので、適切な方法をすることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ