アミールSは血圧が高めの人のための乳酸飲料

カルピスは「初恋の味」というキャッチフレーズで人気となり、幅広い年齢層に飲まれている乳酸飲料です。その製造元であるカルピス社が販売しているアミールSは、消費者庁が認可する特定保健用食品の指定を受けています。これによって血圧が高めの人に有効であると公的機関によって認められたことになります。

毎日の生活において定期的に飲用することによって、収縮期の血圧を適正な値にまで緩やかに近づける効果が認められたと言えます。血圧を適切な値に安定させる有効な配合成分としてはラクストリヘプチドが配合されていますが、これはカルピス社独自の牛乳由来の乳酸菌で、天然成分ですから安全性が高いものです。

成分である3種類のアミノ酸が血管を収縮させる原因となる物質の生成を抑制することが、血圧が高めの人に有効となるのです。健康を維持したり、不調を改善するための栄養補助食品は、継続することで少しずつ効果を得られるのが特徴ですから、続けて飲み続けられるものでなければなりません。

そのためにまず問題となるのが、カロリーです。どんなに血圧に良い効果があるとしても、高カロリーでは肥満のリスクが高まりますし、糖分が多いタイプでは糖尿病患者や予備軍の人には利用することができません。

そのため、糖分ゼロ、脂肪分ゼロで、カロリーも抑えて作られました。従来のタイプに加えて、日常の飲料用として手軽に利用できるような大容量タイプや野菜・果物を加えたジュースタイプも用意されているので、日常生活の中で簡単に血圧の管理をすることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ