秋山産業のコンセプトは医食同源と未病医学

秋山産業は健康食品のメーカーですが、東洋医学の考え方である医食同源、未病医学をコンセプトにした製品が作られています。医食同源とは、薬と食事に用いる材料の源は同じであり、正しい食事をすれば健康を維持したり体の不調を改善することも可能であるという考え方です。

そして、未病とは体の不調があっても疾病として判断するほどのものではなく、病気になる前の状態ということです。しかし、不調の状態を我慢して放置すれば、重篤な疾病に移行するリスクもあるので、早期に改善策を施すことが大切です。

このような考え方から、健康的に生活するためには食事や運動だけでなく休養も必要で、それぞれのバランスをとるように工夫しなければなりません。3つのバランスが崩れると、免疫力の低下、代謝力の劣化、血液の汚れ、腸の滞りなどが起こり、人間が本来持っている自然治癒力が弱くなります。

サプリメントの役割は自然治癒力を回復させ、機能をアップさせることにあるのです。代表的な製品の万養寿Aでは、免疫力や抵抗力をアップして風邪をひきにくい体質に導く効果があります。また、乳酸菌・酵母生産物質AS40には、腸内の善玉菌の働きを活性化させて便秘の改善をする効果があります。

便秘が改善されると体内の毒素の排泄も促されるので、体調の改善に効果を発揮します。その他にも、日常生活の中で手軽に利用しながら体調の管理ができるヤンロン茶、 ルイボス茶なども製造していますし、美しさを取り戻すために必要な製品もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ