βカロテンは緑黄色野菜に多く含まれる栄養素

ニンジンなど濃い色の野菜に含まれることで知られているβカロテンは、天然色素のカロチノイドの一種で、体内ではビタミンAとして働きます。特に目に潤いを与えるためには必要不可欠な栄養素のひとつです。

この他に体のサビを予防する抗酸化作用の働きも持っているので、血中に含まれるβカロテンの割合が高い人は生活習慣病のリスクを軽減することができ、発がん性のリスクも低くなる傾向があると言われています。さらに、免疫力がアップする作用は細胞の活性化もするので、肌の改善効果もあって美容面でも必要な栄養素です。

摂取量が不足したり体内での量が減少するということは、免疫力の低下につながります。そのため、ウイルスが侵入しやすい体質になり、風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなるでしょう。

また、肌荒れが気になる人も不足傾向が考えられます。積極的に食事に取り入れるのが効果的で、人参、春菊、にら、ホウレンソウなどのいわゆる緑黄色野菜に多く含まれていますが、料理方法によっては効果的に摂取できないので注意が必要です。

ビタミンには水溶性と脂溶性の2種類がありますが、ビタミンAは脂溶性なので、炒める、揚げるなど油と共に摂取するとより体内への吸収率が高くなり、効果を発揮できるでしょう。

そして、この時に使用する油は抗酸化作用の高いビタミンEを含む良質な油にすると、さらに吸収率がアップします。どうしても食事からは摂りきれない場合には、吸収しやすく加工されたサプリメントを利用すると簡単です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ