ピクノジェノールとはフランスの海岸松に含まれる特殊な成分

ピクノジェノールとは松の樹皮から抽出された成分で、40種類以上の抗酸化機能を保有するフラボノイドが含まれています。ただ、この呼び方は成分の名称なのですが、商標登録されたブランド名でもあるため、商標権の侵害を避けるためにフラバンジェノールと表記することもあります。

この有効な成分を抽出できるのは日本国内の松ではなく、フランスの南西部に生育しているフランス海岸松に限定されているのが特徴です。この地域は寒暖の差が激しい大西洋にほど近い地域であることから、樹皮が非常に厚く育っていて実に10cm以上もあります。

それでも抽出することができる最強の低分子の抗酸化物質は、海岸松1000kgからたったの1kgしかありません。抽出させた成分は他の植物などに含まれるものより機能が高いので、血管内をきれいにして血管その物を強化することができ、がん、血管系の疾病、糖尿病を始めとする成人病のリスクを回避する効果が期待されている他、老人性の認知症を予防する効果もあるという研究結果があります。

さらに、アレルギーの抑制に効果がある抗ヒスタミンの働きも持っていることから、アトピー性皮膚炎や花粉症を始めとするアレルギー性の疾患を緩和したり、根本からの完治につながる体質改善にも役に立つことがわかってきました。

ビタミンC・Eの含有量も他に類を見ないほど高く、良質なラーゲンを生成しやすいという特性もありますので、紫外線、ストレス、加齢による細胞や肌の老化を防止することができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ