シトルリンは遊離アミノ酸で血管を拡張する効果がある

シトルリンはアミノ酸の一種で、ギャバなどと同様に遊離アミノ酸として体内にも存在していますが、夏野菜であるキュウリなどに多く含まれていて、体内で一酸化炭素を生成するという特徴があります。

血液の流れを改善するのが主な効果で、血管を拡張できるため、血管が硬くなって血液が詰まりやすくなる動脈硬化を予防したり、活性酸素の発生を防いで血液や細胞がさびた状態になるのを防ぐ抗酸化作用を持つのです。

血管の拡張によって、特に女性にとってはダイエットには大敵な冷えを改善する効果があるだけでなく、血液の流れが良くなることで酸素を多く取り込めるようになり、その結果、筋力の強化をすることができます。

血管の拡張の効果は様々な恩恵をもたらし、抗酸化作用によってアンチエイジング効果を得られますし、老廃物の排泄が促進されることで水分の代謝も良くなり、その結果むくみにくい体質を手に入れることも夢ではなくなるのです。

シトルリンを効果的に取り入れるためには、成分が含まれている食品を多く摂取する事が必要となることから、必要な成分を抽出して凝縮したサプリメントを利用するのが確実です。

分類するとすれば燃焼系ですが、代謝アップの促進をサポートするのが主な効果なので、ただサプリメントを飲むだけでは目に見える効果を得ることはできません。食事のバランスを考えて定期的な運動を土台にして利用すれば、ダイエットの効果を得ることができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ