.ゴマペプチドには血圧の上昇を抑える効果がある

ゴマペプチドはゴマに含まれるアミノ酸結合体で、必須アミノ酸の一種です。他にもイワシペプチド、ラクトペプチドなどがありますが、得られる効果は血圧の上昇を抑えるということで、ゴマから作られたアミノ酸結合体が最も分子が小さいので吸収率が高く効果を発揮しやすいという特徴があります。

血圧は精神的な要因によって数値が上下しやすいのですが、平常時の平均が高い状態が続くと高血圧であると判断されます。成人病予備軍の多くは血圧の数値として表れることが多く、その場合には血液の状態がいわゆるドロドロになっている可能性が高いです。

血液は栄養素を含んで血管の中を通り、体の隅々まで届ける働きをしています。しかし、血液中に脂肪などの老廃物が多く含まれていると、多くの圧力をかけなければ流れていかなくなるために血圧が高くなってしまいます。

健康のためにはゴマを積極的に取り入れることが推奨されますが、ふりかけとして使用するゴマ塩程度で摂取できる量ではありませんので、毎日の食事だけから取り込むことは不可能に近いです。そのため、抽出した成分を含んでいるサプリメントや健康茶などを利用すると、手軽に血液の健康を取り戻せるでしょう。

即効性はありませんが、体に負担をかけることがありませんので安全ですし、簡単な運動を日常の習慣として併用すれば、血圧降下剤のお世話にならずに正常値まで下げることもでき、血管の詰まりで生じる疾病の発症率を低くすることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ