ガンマー・リノレン酸は体内で作られる成分で様々な効果がある

ガンマー・リノレン酸はリノール酸の一種で、唯一月見草に含まれている成分で、ビタミンFとしても知られています。通常はリノール酸の形で摂取して体内でガンマー・リノレン酸に変換され、糖質をエネルギーに変える働きをするのです。

リノール酸は通常の食事から摂取することができる成分で、海藻類、ヨーグルト、ドジョウなどに多く含まれています。また、ドレッシングやマヨネーズ、揚げ物の油にリノール酸を利用しているので、簡単に補給することができるでしょう。

ただし、乳幼児の場合にはリノール酸の摂取をすることができず、体内での生成ができませんので、母乳から摂取しているのです。摂取することによって、血圧やコレステロール値の安定、血液をサラサラにする、免疫力の改善、血糖値を安定させるなど、生活習慣病の予防や改善に効果を発揮します。

また、アトピー性皮膚炎の改善、腫瘍の抑制、炎症の鎮静化など、免疫機能の改善と安定にも効果的です。その他、女性特有の症状の緩和、エイジングケアや肌質改善など、美容面においてもさまざまな効果を発揮します。

しかし、基本的にはオイルなので摂りすぎればカロリー過多となり、ダイエットどころか肥満に傾いてしまうこともありますし、甘いものやアルコールを摂りすぎると体内での変換がうまく行われなくなってしまうので注意が必要です。このようなことから、カロリーを気にすることなく成分を補給するためには、サプリメントの利用が安心でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ