エキナセアは免疫強化活性と抗ウイルス活性作用を持っているハーブ

北アメリカを原産とするキク科の植物に、エキナセアというのがあります。ハーブの一種で日本人にはあまりなじみがないのですが、ネイティブインディアンの間では古くから民間療法として活用されてきました。主にウィルスや細菌から体を守るための免疫強化活性と抗ウイルス活性作用を持っています。

成分分析をした結果、アルキルアミドなどの多糖類、フラボノイドなどが含まれていることが判明し、とりわけインフルエンザなどを予防する効果があることが分かりました。似たような働きをする成分にプロポリスがあるのですが、やはり高い抗菌作用はウィルス性の疾病の予防に効果があるとされています。

また、細胞を活性化する働きからアンチエイジングに効果もあると考えられていて、加齢やストレスによる肌の衰えを改善する効果が期待されることから、コスメ製品やサプリメントにも配合されています。

エキナセアやプロポリス配合のサプリメントは風邪のひきはじめに利用すると効果的ですが、日ごろから美容と健康のために利用していると細胞を良い状態に保てるでしょう。また、ハーブ自体には毒性はありませんが、まれに体質に合わないものもあり、極端に体調が悪いときや他の疾病にかかっている時には、おなかが緩くなる時があります。

特に、医師の処方による薬を飲んでいる時には、健康食品であってもサプリメントの使用は中止した方が安全です。さらに、キク科の植物にアレルギーを持っている場合には、使用は控えた方が良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ