アラキドン酸とは加齢によって不足するビタミンFのこと

ダイエットをするときには脂質の摂りすぎに注意が必要とされますが、良質な脂質は美容と健康には欠かすことができません。アラキドン酸は必須脂肪酸の一種でビタミンFとも呼ばれており、赤みの肉、魚介類、レバー、卵に含有率が高い成分で、植物からは摂取することができないのが特徴です。

γ-リノレン酸も同様の成分で、免疫機能の向上に大きく関与するだけでなく、記憶力や学習能力をアアップさせる効果があります。特に、乳幼児の脳の発達には不可欠な成分です。脳の神経細胞に不可欠なアラキドン酸は、この他にも、血圧のコントロールに効果を発揮します。

高血圧のリスクがある人は必須脂肪酸を含む食品を献立に加えると、生活のレベルで血圧を安定させる効果を得られるでしょう。また、血圧を正常値にできることから血液を良い状態に導く効果もあり、特にコレステロール値を下げるてサラサラの状態にすることが可能です。

これによって血管系の疾病のリスクが低下するので、生活習慣病の予防にもつながってきます。体内のアラキドン酸は、バランスの良い食事をしている限りは極端に不足することはないと言われていますが、不足するケースとしては過剰なダイエットによる栄養失調、加齢があります。

不足した場合には、物忘れが多くなったり、集中力が低下したりといった症状になります。全ての原因というわけではありませんので、怪しいと感じた場合には医師の診断を受けることが必要ですが、サプリメントから補給できるので、まずは食事の内容を振り返って不足していないかを確認するとよいかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ