アガリクスには免疫細胞を活性化させる成分が含まれている

アガリクスはキノコの一種で、ヒメマツタケが正式名称です。ダイエット用というよりは、がんの抑制効果対しての研究が盛んに行われていることで知名度が高く、健康志向の人のためのサプリメントにエキスなどが配合されています。

具体的な有効成分はβ-Dグルカンという成分で、がん以外では、自律神経失調症、更年期障害、抗アレルギー作用などに効果を発揮することが各分野の研究によって報告されています。β-Dグルカンは高分子多糖体で、ナチュラルキラー細胞を活性化する働きがあります。

ナチュラルキラー細胞というのは自己が持つ免疫細胞のことで、体内に発生した異物に対して攻撃をして体内を正常化できるものです。がんや慢性疾患では免疫力の低下によって症状が悪化することが報告されていますので、免疫細胞を活性化させる成分を含んだ食品の発見は世界中で大きな反響を呼び、多くの学者や医学博士が研究の対象としてきました。

このキノコが健康に良いことが分かったのは、ブラジルのサンパウロ近郊の住民の多くが長寿である点に着目したアメリカ人のシンデン博士の研究報告が最初でした。

少なくとも健康に良い食品であることが分かり、その後の研究では、食物繊維の他、ミネラル分が豊富に含まれていること、加えてビタミンや良質なたんぱく質も含まれていることも解明されました。健康をサポートするために必要な成分がバランスよく含まれているために、サプリメントに応用した製品も生まれています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ