カロリーガードに配合された5つの成分が脂質と糖質の吸収を抑制する

食事カロリーをサプリメントでブロックできれば、苦労して食事の献立を考えたり、カロリー制限をする必要もなく、確実に体重を落とすことができるでしょう。ダイエット中であっても、付き合いなどで飲食をしなければならない場合があります。

そのようなときに重宝するのがカロリーガードで、配合成分が脂質と糖質の吸収を抑制してくれる働きを持つのです。
主な配合成分はシナモン、キトサン、コーヒーエキス、ギムネマ、ガルシニアの5種類で、全て天然素材です。

シナモンはお茶やお菓子で用いられることの多い香辛料ですが、糖質をガードする効果があります。シナモンそのものを多量に摂取すると肝機能に強い刺激があるので、糖質を制限する効果がある成分を抽出して配合しています。

また、甲殻類には動物性食物繊維、コレステロールや糖質の抑制効果があり、コーヒーに含まれる香りの成分であるクロロゲン酸やギムネマにも同様の効果があります。そしてガルニシアには脂質の合成をガードして空腹感を抑える効果を持っているのです。

カロリーの吸収を抑えられるということは、食べたものをなかったことにする効果があるということです。食事を我慢するダイエットはストレスが溜まりやすく、一時的に体重が減ったとしてもリバウンドする確率が高くなるので、食事の内容を変えずにカロリーを抑制して減量することができれば成功しやすくなります。ポイントは食事の前に3粒飲むことだけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ