胡椒には消化吸収を助け代謝をアップさせる効果がある

料理の味付けとして、胡椒はよく使われる調味料ですが、味付けとしてだけでなく、健康に良い効果も持っています。中国では昔から、薬用として用いられていました。胃腸を温める働きに優れているため、胃腸の調子が悪い時、熱があるとき、筋肉が凝っているときに、重宝していたのです。

エネルギー代謝をアップさせる働きも持ち合わせています。血管を広げてくれるので、血液の流れが改善し、代謝と冷えの症状改善が期待できるのです。またそれに含まれている成分にはアンチエイジング効果もあるため、サプリメントにも使われています。特に辛みの強い黒胡椒には、その効果が高いでしょう。

ダイエット効率をアップさせるためには、黒胡椒を使ったレシピを多く作って食べることです。特に相性がよいのが、卵やチーズを使った料理です。それらは糖質が低いため、血糖値の急上昇が防げます。

ダイエットに向いている食材ではありますが、消化に時間がかかるため胃腸への負担が大きいのが難点です。しかし、それをかけることで、消化活動が活性化されるのです。あらゆる食材にふりかけて食べることで、消化吸収を助けて、代謝を助けてくれるでしょう。

すでにそのままかけられる状態で販売されているものを使っている方が多いですが、効果が最も高いのは、挽いた直後のものです。ミルを持っている方は、粒の状態で購入してきて、食べる直前に挽いてから食べるようにすると、より高い効果が期待できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエットフード

このページの先頭へ