緑茶を一日5杯飲むと脂肪燃焼効果がアップする

緑茶は、昔から日本人が慣れ親しんでいるお茶です。健康や美容、ダイエットにも多大な効能があることで最近また注目を浴びるようになっています。例えば、心肺機能を高める働きも持ち合わせているのです。日本人の死亡原因のトップはガンですが、心筋梗塞などの心疾患で命を落とす方も多いでしょう。

緑茶は心臓の血管を柔軟にして、血管のつまりを解消する働きも持っているのです。
ダイエットにも嬉しい効果が期待できます。一日に5杯以上の緑茶を飲むことで、脂肪の燃焼効率がアップするという実験結果が出たのです。糖尿病リスクを下げるにも働いてくれます。

生活習慣病の一つである糖尿病の予備軍や患者さんは、肥満体型の方によく見られます。一日に6杯程度飲むことで、急激な血糖値の上昇を抑えてくれるほか、また効果は微量ですが、悪玉コレステロール値を下げてもくれます。体型を気にされる方、ダイエットを希望する方は、意識して食事の前後に飲むようにしましょう。

また、免疫力アップの強い味方でもあり、体内に侵入したウィルスを、高い殺菌効果で撃退してくれるでしょう。風邪の引き始めに、それでうがいをすると、喉に侵入しているウィルスを弱らせ、症状が緩和されます。

それ以外にも、口臭予防や虫歯予防にも効果を発揮します。飲み方は、食前食後に1から2杯程度を目安に飲みましょう。ただし、カフェインが入っているため、夜寝る前にたくさん飲んでしまうと寝つきが悪くなるので注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエットフード

このページの先頭へ