キャベツダイエットがブームになったのはストレスが少ないから

キャベツを食べて痩せる方法が、ブームになりました。なぜそれだけで痩せられるのかというと、ローカロリーなのに満腹中枢を満たせるからです。ダイエットには多少の食事制限が必要で、苦痛に感じている方が少なくありません。食べたいものを我慢することは、大きなストレスになります。

我慢が続くと限界に達して、かえって食べ過ぎてしまう危険性を高めてしまうのです。
キャベツでおなかを満たしてしまうことで、満腹中枢が刺激されて、食欲が落ちるのですが摂取方法として有効なのは生で食べるの事です。その理由はよく噛ませるためです。

柔らかい物や消化の良い物は、よく噛まなくても飲み込めてしまうため、あまりおなかが満たされません。噛み応えのある食品は、よく噛む必要性が出てきます。そうすると唾液がたくさん分泌されてきます。それが食事による満足感を高めてくれるのです。

お腹が空いたらこういったローカロリーの野菜を取る事でリバウンドが起こりにくいのです。我慢やストレスを感じるダイエット方法は、一度成功してしまうとそれから解放されたうれしさから、つい反動で沢山たべるようになります。その結果、せっかく減った体重が戻る、もしくはそれ以上体重が増える可能性が高くなってしまいます。

キャベツダイエットは、年中を通じて行いやすい方法です。それは一年中販売されていますし、価格も手ごろです。また味も淡白ですから、色々なタイプのドレッシングや他の食品とも組み合わせがしやすいのです。工夫次第で毎日食べても飽きませんので、続けやすいのもメリットです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエットフード

このページの先頭へ