コーヒーに含まれるカフェインはダイエット効果を高める

食事の前後に、コーヒーを飲むことが習慣になっている方も多いのではないでしょうか。何気なく飲んでいるそれが、ダイエットにも高い効果をもたらしてくれるのです。その秘密は、カフェインにあり、眠気を覚ます作用をもたらしてくれます。

飲むと頭がすっきりとするのは、そのおかげなのです。しかしながら、多量にとってしまうと体にはよくありませんので、妊婦さんやお子さん、高齢の方には摂取量を控えるようにすすめられます。ですので、体には良くない成分だと認識されている方も少なくありません。

カフェインには、脂肪の燃焼を高める働きや消化酵素の働きを活性化させる作用があります。体内に取り込まれるとリパーゼという脂肪の分解を主に行う酵素に対して作用してくれるので、脂肪の燃焼効果が高まるのです。

また、運動前のカフェイン摂取が効果的とも言われますがそれは、有酸素運動には脂肪の燃焼効果があるのですが、20分以上継続しなければ、それが燃え始めないと言われています。それは脂肪が分解されるまでに、ある程度の時間が必要になるからです。

事前にとっておくと、分解が早くすすむので、脂肪が燃焼するまでの時間を短くできるのです。運動する前にコーヒーを飲んでおくと、ダイエットの効果が高まるでしょう。

また、代謝機能をアップすることが期待できますがそれは、コーヒーには利尿作用があり、むくみやすい方は、それによって余分な水分が排出されます。その結果血の巡りが良くなり、代謝機能も改善されていくのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエットフード

このページの先頭へ