腎兪とは腰の部分にあるツボで腰痛やぎっくり腰に効く

腎兪とは、腰にあるツボです。おへそと同じ高さで、背骨から指2関節分ほど離れているところの両側にあり、そこに手をかけると、ちょうど後ろにかけた手の部分にそのツボがあたります。

「腎兪とは腰の部分にあるツボで腰痛やぎっくり腰に効く」の続きを読む

カテゴリー:ダイエット用語

神門とは耳と手首部分にあるツボで食欲を抑えてくれる

神門とは、文字通り神様の入ってくる門という意味を持っているツボで、手のひらがわの手首の横ジワと、小指から手首にかけてのラインが、ちょうど交わる部分にあります。その部分を注意して触ってみると、部分的にへこんでいるところがあるのがわかりるでしょう。それがツボです。

「神門とは耳と手首部分にあるツボで食欲を抑えてくれる」の続きを読む

カテゴリー:ダイエット用語

ジンゲロンとは生姜を乾燥、過熱させてとれる成分

ジンゲロンとは、生姜を過熱、乾燥することで得られる成分です。生姜には高い温め効果があるとして、冷え性で悩む方に積極的に取るように勧められている食品です。様々な有効成分が含まれているなかで、ジンゲロンは、美容と健康に多大な効果をもたらすパワーを持っています。

「ジンゲロンとは生姜を乾燥、過熱させてとれる成分」の続きを読む

カテゴリー:ダイエット用語

人迎とは、喉仏近くにあるツボで自律神経を整えてくれる

人迎(じんげい)とは、首の前部分にあるツボです。のどぼとけを中心として、両側に指の第一関節分ほど移動したところを触ってみると、動脈の動きが感じられるでしょう。その部分になります。こんなところにもツボが存在するのは意外と感じたかもしれません。

「人迎とは、喉仏近くにあるツボで自律神経を整えてくれる」の続きを読む

カテゴリー:ダイエット用語

食事誘導性熱生産とは食事をしているときに消費するエネルギー

人間は食べているときに、エネルギーを取り込んでいるだけではありません。同時にエネルギーを消費しており、それを食事誘導性熱生産といいます。体を動かさなくても消費活動をする基礎代謝は有名ですが、食事時のそれについては御存じない方も多いでしょう。

「食事誘導性熱生産とは食事をしているときに消費するエネルギー」の続きを読む

カテゴリー:ダイエット用語

承扶は、お尻と太ももの境目にあるツボで腰痛やヒップアップに効果あり

承扶とは、足の内側に位置しているツボです。東洋医学では、ツボを刺激することで体の調子を整える方法が実践されています。不快な症状が見られる、改善したい場所に関連するツボを刺激することで、症状が緩和されるのです。

「承扶は、お尻と太ももの境目にあるツボで腰痛やヒップアップに効果あり」の続きを読む

カテゴリー:ダイエット用語

症候性肥満とは体の機能が異常をきたすことで起こる肥満

肥満には、生活習慣が原因となって起こる単純性肥満と、体の機能異常が原因で起こる症候性肥満があります。後者の場合は、通常のダイエット方法を実践しても、減量することが困難であるため、医師の治療が必要です。

「症候性肥満とは体の機能が異常をきたすことで起こる肥満」の続きを読む

カテゴリー:ダイエット用語

承筋とはふくらはぎにあるツボでむくみの解消にも効果的

承筋とは、ふくらはぎの部分に位置しているツボで、ちょうどふくらはぎの中央部分にあります。足の太さを形容するのに子持ちシシャモにそれを例えることがあり、ぷっくりとふくらんだシシャモのお腹のようなふくらはぎを指します。

「承筋とはふくらはぎにあるツボでむくみの解消にも効果的」の続きを読む

カテゴリー:ダイエット用語

シュクラーゼとは糖を吸収しやすい形に分解する酵素

シュクラーゼとは、消化酵素の一種です。糖が体内で吸収されるときに、グルコースとフクルトースに分解されます。それが、腸に吸収される仕組みです。糖分は私たちの体を動かすエネルギー源となりますが、取りすぎによる弊害もたくさんあります。一つは糖尿病リスクを高めることです。

「シュクラーゼとは糖を吸収しやすい形に分解する酵素」の続きを読む

カテゴリー:ダイエット用語

習慣拮抗法とは行動療法のひとつで、欲求を別の行動に置き換えること

習慣拮抗法とは、行動療法の一種です。ある欲求が生じてしまった時に、すぐにその欲求を満たそうとはせずに、別の行動に置き換えることです。ダイエットの時にもこの方法を取り入れると、成功率を高めることが可能になります。

「習慣拮抗法とは行動療法のひとつで、欲求を別の行動に置き換えること」の続きを読む

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ