極限まで負荷をかけるスラッシュにも限度がある

ボディビルと聞くと、余分な脂肪がなく筋肉が浮き出たゴツゴツとした肉体を想像する人が多いでしょう。これは、サプリメントや薬などに依存して作られた肉体ではなく、極限まで筋肉に負荷をかけるスラッシュというトレーニングをに徹底的に実行した結果によるものです。

同時に、ストイックなまでの食事管理によって質の良いタンパク質を中心とした栄養素を集中して摂取しなければいけません。しかし、筋肉は鍛えれば鍛えるほど強く逞しく育つというものではなく、放っておけば退化しますし、負荷をかけすぎると劣化するので状態を維持するはとても難しい細胞組織です。

バーベル、ダンベル、マシンを利用したトレーニングを行うのですが、発達具合や体調に合わせた回数と負荷を実施することが最も効果的です。早く鍛えたいがために必要以上の回数を実施しないことは最重要ポイントで、あと一歩を止めるという決断がボディラインに大きく響くこともあります。

毎日ハードなトレーニングを実施すればその分だけ逞しくなれると誤解をしている人もいますが、ウエイトによる負荷は毎日かけては逆効果なので決して行ってはなりません。

筋組織はタンパク質が主成分となっているのですが、負荷をかけると破壊されるのですが、良質な栄養素を与えることによって2日程度で以前よりも強く太い筋繊維が再生されるという特徴を持っています。これが筋トレの簡単な仕組みで、これを利用して筋繊維の再生を繰り返せば、どんどんと逞しい肉体を作ることができるようになるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ボディビルディング

このページの先頭へ