スーパーセットとは2種目のトレーニングを続けて行う方法

筋肉を鍛え上げてボディビルダーのような引き締まった肉体を作るには、ウエイトトレーニングの方法に工夫が必要です。種目によってターゲットとしている部位に負荷をかけるのですが、1種目で1か所というのが一般的なトレーニングで、全身を鍛え抜くには時間をかけて複数の種目をこなさなければいけません。

しかし、1セットで2つの部位を鍛えることができるスーパーセットという方法を利用すれば、時間の短縮になるだけでなく効率よく筋力をアップさせることが可能です。2つの種目とは、一般には拮抗筋を組み合わせることが多く、拮抗筋を利用するメリットは、交互に2種類の動作で刺激を与えることができるということで、単独で行うより相乗効果によってハイレベルなトレーニングを実施できます。

ダンベルを用いた時の組み合わせのうち、大胸筋と背中に負荷をかけるならダンベルプレスとワンアームダンベルロウ、上腕二頭筋と上腕三頭筋ならダンベルカールとワンアームフレンチプレスといった組み合わせが良く利用されます。

そして、種目を変えるときに休憩を挟まないということなので、こうでなければならないという決まりはなく、離れた部位であっても実施することは可能です。

しかし、呼吸や筋肉を休ませる種目間のインターバルがないのでハードで効果を得やすいという特徴があり、上級者に向いているでしょう。このような方法はダイエットを目的としている人にはあまり向いているとは言えず、新陳代謝のアップだけを目指しているのであれば、気になる部位を中心に負荷を与えるのが効果的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ボディビルディング

このページの先頭へ