全日本エアロビック選手権や様々な大会について

全日本エアロビック選手権大会は、スズキジャパンカップと呼ばれている大会です。スズキジャパンカップは社団法人日本エアロビック連盟が開催している選手権で、地区大会から行われる、正に日本一を決定する大会です。エアロビックとは、競技用の体操の要素が強いエアロビクスのことです。

この大会では最優秀賞として文部科学大臣杯が授与されることになっています。11歳以上であればスズキジャパンカップに出場できますが、文部科学大臣杯が授与されるのは18歳以上のシニアの優勝者の最高得点を取った選手と決められています。

また、スズキジャパンカップの各部門で優勝した選手は、スズキワールドカップに出場することができます。ワールドカップは世界各国で勝ち抜いてきた選手たちが競い合う世界大会で、2日間に渡って開催されます。1日目は予選で、その予選に勝ち抜いた選手は2日目の決勝戦に出場できます。

この大会で優勝すると名実共に世界一の選手となります。
日本では他にも様々な競技エアロビクスの競技会が開催されていて、学生選手権大会、スポーツエアロビック大会などが全国で行われています。

また、JOCジュニアオリンピックカップもその1つで、多くの子供たちが出場しています。日本はワールドカップで毎回好成績を収めていますが、それは16歳以下のユース選手の育成に力を入れていて、その成果が表れているからだと考えられます。ジュニアオリンピックカップもユース選手の育成を目的に開催されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ